2009年5月31日日曜日

GBC及びフロントライトの加工

フロントライトGBCの作り方
1. GBASPからフロントライトを摘出
2. GBC本体の加工及びフロントライトの加工
3. GBCにフロントライトを取り付ける

GBCにフロントライトを取り付けられるようにするため
GBC本体及びフロントライトを加工します。





_____GBC本体の加工____

GBC本体裏側のネジをY字ドライバーで全て外します。


まずはスイッチ用の穴を加工してしまいましょう。
取り付ける場所についてですが、他の改造(prosoundやクロックアップ等)
を考えている(行っている)場合は慎重に決めなくてはなりません。
お薦めは下記画像部分です。

他の改造との干渉もあまりなくフロンライト部分との距離も近く配線もしやすいです。

スイッチを取り付ける場所を決めたらピンバイスやニッパー、ヤスリなどを使い
本体を加工していきます。いきなり大きく穴を開けないで少しずつ広げてください。
上手く穴を開けたらヤスリ等を使って綺麗に仕上げましょう。


次に保護ガラスの下の部分を加工します。

まず基盤に付いている3箇所のネジ(これは+ドライバーで開けられます)
を開け、基盤を外せるようにします。赤外線や電源スイッチ等の部品は外しておきます。
液晶画面部分がテープで固定されてしまっているため上のほうの隙間から
マイナスドライバー等をほんの少し入れテコの原理でメリメリとはがしてしまいます。

これで基盤部分と本体を分離する事が出来たため基盤をどこかに置いておきます。
液晶部分を作業中に傷つけないように別な場所に置いた方が良いかもしれません。
本体にボタン類の部品がついていると思うのでこれも全て外してしまいます。
ゴム部分などが汚れている場合ついでに掃除してしまうと良いかもしれません。


これで完全に本体前面が独立した形になったと思いますので
まずは保護ガラスを裏側から強く押して本体から剥がしてしまいます。
保護ガラスに傷がつきやすいためゴム手袋があれば装着した状態でやると良いです。

保護ガラスが外れたらこれも傷かつかないようにどこかに保管しておきます。
保護ガラス部分に粘着力が残っていればその方が作業しやすいため
べたべた引っ付けないように気をつけてそのままの状態で管理してください。

それではフロントライト用の本体加工作業を始めます。
本体裏側からみると液晶をセットするための枠があると思います。
この枠にそってニッパー等で枠の内側を全て切り落としてしまいます。
この時下の広いところは左下隅のところからまっすぐ右に伸ばすようにして少し残します。
詳しくは下画像参照(下記画像では誤って少し切り落としてしまいました‥)

枠にそってニッパーを入れていけば簡単に切り落とせると思います。
更にLED部分や線を通すために右下隅の枠を一部取ってしまいましょう。
最後に右側のネジ穴の部分までニッパーで切り落としてしまいます。

切った後はヤスリ等で綺麗にしましょう。

本体加工が終わったら削りカスなどをエアダスターで吹き飛ばしてしまいます。




_____フロントライトの加工____

次に摘出済みフロントライトの加工を行います。

導光板と銀色のベース(以降ベースと呼びます)とその中に
細い棒状の板(以降板と呼びます)のような物があります。

ちなみにこの一式の表裏ですが接続部分がベースに引っ付いている方が裏側です。
何も付いていないほうが表です。
表裏間違えるとフロントライトの機能が働かない為注意です。

これを今から切断していきます。
導光板と内部の板のような物は上下表裏向きがあるようですので
どっち向きかわからなくならないように注意しながら作業してください。

導光板に傷をつけないように気をつけてください。
また素手で導光板の表裏を触らないようにして下さい。
傷や汚れ部分は光らせた時にくっきり浮かんでしまいます。



ここから先の切断作業ではPカッター(アクリルカッター)
を持っていればそれを使って作業を行ってください。

まずGBC本体に収まるように大きさを合わせながら切断用の線をカッターで入れます。

実際に切り落とすのは裏から見て左側です。

線を入れたら導光板だけフロントライト一式から外します。
上下の向きを忘れないようにしっかり覚えて置いてください。

外したら先ほど入れた線に沿うようにカッターを何度を入れます。
下に置いてやると傷がつきやすいため注意して行ってください。
手で掴んでやるときは指を切らないように気をつけて作業してください。

力をいれすぎるとカッターが滑って導光板や手が大変な事になるます。
力をいれず軽く動かすだけでも意外に削れます。
ある程度(十数回が目安。やりすぎると失敗するリスクも高まるため適度に)
繰り返したらニッパーを使って切断する側をパキパキやってしまいましょう。

切るというよりも折る感じで。
変に折れそうで怖いと思いますが端から少しずつやれば大丈夫です。
カッターで入れた線に沿ってポキポキと折れてくれると思います。
もしはみ出してしまっても少しであれば液晶よりも一回り大きいため大丈夫です。

導光板の加工が終わったらベースと板の切断に移ります。
導光板をベースにセットして導光板がぴったり入る大きさに切断してしまいます。
板も同様にぴったりの大きさに切断します。

切れ味の良いニッパーであればベースと板まとめて切断してしまえばOKです。
あんまり力入れすぎて導光板に傷をつけないように気をつけましょう。
もしまとめて切断するのが無理なようであれば切断する場所に印をつけ
ベースと板を別々に切断してください。
板と導光板には向きがあるためわからなくならないように。
 特に板は向きが判り難くなりやすいため注意してください。


上手く切断が終わったらフロントライト一式を組み合わせ
GBC本体内に収まるかしっかり確認してください。



以上で本体とフロントライトの加工は完了です。

0 件のコメント:

コメントを投稿